金融機関が抱える金利リスクと債務者保護の要請の調整が必要

金融機関によるグレーゾーン金利が違憲と判断されてから、グレーゾーン金利が撤廃され、貸金業法にて金利はマックスで20パーセントになりました。

 

グレーゾーン金利で貸し付けた金額については過払い請求の対象となり、これにより多くの過払い請求訴訟が行われるようになるとともに金融機関による金利制限が強化されるようになりました。

 

「金利が低くなる」ということは債務者にとっては嬉しい限りですが、金融機関サイドにとっては貸し倒れのリスクが以前より高まったことになるので、気軽に融資をするという行動に出にくくなりました。

 

お金を貸す際にはお金を借りることを希望している人の調査をより慎重に行うことが必須となり、貸し渋りにもつながっています。上限金利の引き下げは消費者保護という点からは非常に優れた側面を持つのですが、経済全体を見ると貸したいのに貸せれない状況が多数発生する為あまり好ましいものとは言えません。

 

国は常に金融機関が抱える金利リスクと債務者保護の要請の調整が必要という事実を露呈した形になりますね。また金利だけでなく総量規制が働くことにより優良な顧客となりうる人への貸し付けも難しくなりました。

 

このような背景を踏まえ、現在水面下で再び金融機関の貸付金利の上限を見直す動きが出てきているようです。金利が下がったり上がったり忙しいですが、国は常に経済的な側面と債務者保護の要請を同時に満たす着地点を模索していかなければならない義務を背負っているのである意味仕方がない事なのかもしれません。

 

ただ一つ言えることは現在無担保でお金を借りることが出来、更には即日審査、即日融資が可能なキャッシング、カードローンが人気が出ていることから、金利が高くなる前に安い金利にて予めキャッシング契約、カードローン契約をしておくことは消費者にとってはかなり重要なのかもしれません。

 

今すぐお金が必要で借りたいという希望がなくても万が一金利が高くなることを予め想定してキャッシング、カードローンサービスに申し込んでおくことが重要だということです。

 

いざお金を借りなければならないといった際で金利の面で損しないためにも消費者は今から金利が高くなることを想定して動くのが賢い選択といえるでしょう。

 

とにかく国は常に経済状況と債務者保護の要請の着地点を模索しています。なので経済状況や金融機関の動向、消費者保護の制度の充実度を常日頃から意識して生活することがとても大切な事だといえます。

アメトーークの高校野球芸人の違和感

先日のアメトーークの高校野球芸人、見ましたでしょうか?
夏の風物詩である高校野球が好きだという芸人が集い、高校野球について語り合うという内容だったのですが、やっぱり違和感を感じる展開になりました。

 

というのも、今、清原和博氏は薬物疑惑で注目されている中、ミスター高校野球である清原氏はどのようなかたちで取り上げられるのだろうと個人的に注目していたからです。

 

番組の内容は冒頭に、今回は松井秀喜氏が活躍した1990年代意向のものを集めてみました…という前フリがされ、この瞬間に私はなるほど…と思いました。

 

清原氏が活躍したのは1985年で、その時代のものは取り上げないということで清原氏を回避することにしたということです。

 

実際、高校野球で甲子園と言えば、今でも史上最強と呼ばれている清原氏と桑田氏のKKコンビがいたPL学園で、アメトーーク史上初となる高校野球を取り上げたテーマでKKコンビが出てこないというのはとても違和感がありました。

 

そして、高校野球ファンの中には、最近の甲子園の話題よりも昔の甲子園を振り返りたかったと思うのですが、その夢叶わず…といった感じでしたね。

 

清原氏が業界に与えている影響はこんなところにもさりげなく垣間見えた訳です。

 

これだけ清原氏を排除するということは、やはり薬物疑惑はかなり黒に近いということが言えるのではないでしょうか。最近全くテレビに出ていませんしね。

 

また逮捕されたASKA容疑者が、逮捕前に週刊文秋で報じられたように、清原氏もまた週刊文秋で報じられているだけにその信憑性はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

 

往年の清原ファンの私としては本当に残念なことですが、彼は変わり過ぎましたね。
西武時代の清原選手が一番好きでした。

あの頃にはもう戻れないですけどね…。