電気代節約の為におこなっていること

・家の中の全体的な家電のコンセントを使用しない時は、抜きます。
または、延長コードを利用して、個別のスイッチが付いた物は、それぞれの家電ごとのスイッチをオフにします。
(冷蔵庫・DVDデッキは、通電したまま、抜かないです。)

・冷蔵庫は、コンセントを抜かずに、庫内の温度設定を少し弱めると、使用電気量が
減ります。

・DVDデッキは、そのままコンセントを抜かずに、放送電波や、録画・視聴予定など、テレビからではなく、デッキのみに設定して、テレビのコンセントのみを使用しない時は、抜きます。

・卓上型などのソーラーチャージャーや、ソーラーライトなどの大きめの物を、いくつか組み合わせて活用すると、晴れの日限定でなく、多少のくもりの日でも、充電できます。
(自宅のコンセントを使用せずに、スマホ・携帯などの充電ができます。)

・家の中の電気のブレーカーの分電盤を、どの部屋の、どのコンセントか、確認して、電気を使用しない時は時間を決めて、元の分電盤から止めると節約になります。

・家の中の電気は、センサーライトの充電池を使用の物に変えると、玄関や寝室・トイレ・キッチンなど、暗くなる時間にも活用でき、その間の時間に、家電のコンセントは、抜いたままで節約になります。

よければ、お試しください。