おすすめの貯金方法は固定費の削減

30代後半、子供二人の主婦です。

結婚して丸八年、現在9年目に入っていますが、この8年間でいろんな節約・貯金方法を勉強し、

たどり着いたのが固定費の削減です。

まずは保険料。
うちでは、会社員である夫の生命保険・医療保険、

私自身の医療保険の3つの保険に加入していますが、この3つの保険料の総額は月にたったの5629円です。
世間では夫の生命保険料に毎月多くの金額を掛けているご家庭が多いかと思いますが、本当にそれは必要な金額でしょうか。
夫に何かあった時に残された家族が生活するのに必要な金額を具体的に計算してみると(もちろん贅沢はなしですが)、意外に大金ではないことに気付くと思います。

夫は会社員なので遺族年金が支払われ、おそらく、私自信も働きに出るはずです。
生活費も夫がいなくなることで、ざっと7割ぐらいには減るはずです。
これらのことを考慮すると(現在の貯金額も含めて)、私達に合った生命保険は、収入保障型の生命保険であることが分かりました。
この生命保険は、主人が亡くなった時から子供達が成人するまで毎月一定額が支払われます。

次に医療保険ですが、うちでは夫婦ともにがん家系ではなく、夫婦そろって健康そのものです。
それなのにがんになったらどうしようと悩み、高い医療保険に加入するのは賢明な方法だとは思いません。
それならば、医療保険は掛け捨ての最小限のものにとどめて、自分達で毎月5000円づつでも貯金する方がよっぽど賢明な方法だと思います。
私達はこのような方法で保険料を最小限まで削減しています。

次の固定費削減は通信費です。
うちでは夫がいまだにガラケー1台、私が格安スマホとガラケーの2台を所有しています。
この3台の通信費は毎月たったの3145円です。
夫は今でもスマホの必要性を感じていません。
私の格安スマホも、メーカーに劣ることなく十分な機能がついていて、毎日SNS等を楽しめています。
格安SIMカード比較サイトには情報が充実しているので、通信費削減を検討している方は色々と比較してみると良いと思います。

これらの固定費削減により、年間で15万円ほど貯金額が上がりました。皆さんにも是非お勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です